ナースの資格を活かして地域医療に貢献!

医師の指示による医療処置からターミナルケアまで多岐にわたります

ケアマネ、医師との連携も大切

訪問看護師のお仕事は、病気や怪我等で在宅で寝たきりの方、医学的管理やリハビリが必要な方、病気や療養生活に不安を抱えている方、あるいはそのご家族のケアとサポートを行うためにご利用者の自宅に直接訪問して、一人ひとりにあった看護を提供することです。

ケアの内容はご利用者によって様々ですが、具体的には、@医師の指示に置よる医療処置(インシュリン注射・点滴等の施行・血糖測定ほか)、A血圧・体温・脈拍などのバイタルチェック、B医療機器(在宅酸素、人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテル)、C褥瘡管理、D在宅でのリハビリ(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練ほか)、E認知症ケア(認知紹介後の相談、事故防止のための工夫)、F低栄養や運動機能低下を防ぐためのアドバイス、G療養上のお世話(食事、洗髪、入浴の介助ほか)、H終末期の看護(ターミナルケア)など多岐にわたっています。時にはご家族から相談を受けることもあります。

訪問看護師は、利用者さん自身が選択した在宅という療養場所で、自分らしい生活を継続できるよう、看護ケアを提供します。そのため、訪問看護の提供においては利用者さん自身が療養生活を送るうえでどのような意思決定を行ったか、ということは最も核になるところといえます。

訪問看護師は看護ケアを通じて利用者さんやそのご家族の人生に深く関わりますが、その人の人生を生きるのはその人自身であり、訪問看護師はあくまでも一援助者に過ぎません。この視点を持ち、利用者さんやその後家族と関わることが大切であり、利用者さんの意思決定を看護師は尊重しなければなりません。

利用者さんが自己決定するためには、十分な情報が提供、説明されていることが必要です。訪問看護師は、医療専門職として、利用者さんの自己決定の場面で自分の意志で選択、決定できるように正しい情報の提供等の支援を行う役割を担います。

さらに、在宅療養の場では、ケアマネージャーなどの担当者が複数関わっていることが少なくありません。各関係機関が利用者さんの自己決定を尊重し、よりよいチームケアが提供できるように調整することも大切なお仕事です。

一日で訪問するご利用者は平均4〜5件で、1回の訪問につき60分ケアが基本となっています。基本的に日勤のみの週休2日制なので、長時間の夜勤が求められる病院勤務のように看護師が疲弊してしまう職場ではありません。

 
Copyright (C) 2015 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.