ナースの資格を活かして地域医療に貢献!

ご利用者に満足していただける看護サービスを提供するための心掛け

相手の立場を尊重します

訪問看護を提供する場である居宅は、利用者さんとご家族にとっては生活の場「家庭」です。訪問看護は家庭における24時間の生活のなかの一部分のみの関わりであり、療養における看護の主体はあくまでも本人とご家族です。

訪問看護師は、側面的な援助の一人であることを認識し利用者さん、ご家族を尊重し、専門職として誠意を持ってその知識と技術を提供して責任を全うしなければなりません。

また、介護者であっても、ご家族にはそれぞれの生活があることを理解し、ご家族に対し利用者さんを中心においた捉え方をしないことも重要です。
訪問看護師はサービスを提供する際に、以下の点を気をつけます。

感染予防に最大限の注意を払う

ご利用者のほとんどは身体の抵抗力が弱い高齢者や赤ちゃんですので、感染予防には最大限の注意が必要となります。手洗いやうがいを入・退室、処置のたびにおこなって【持ちこまない、持ち帰らない】を徹底しています。

この際、自分のハンカチ等は使用せずに、全て使い捨てペーパータオルを使用します。エプロンも1件1枚の使い捨てとなっています。また、自身の体調管理にも気を配る必要があります。

ご家庭には「客」としてお伺いし、看護を提供する気持ちを忘れない

清潔感のある身だしなみを整え、訪問の際には明るい挨拶を心掛けます。看護処置のときは部屋を汚さないように配慮します。遅刻は厳禁ですが、1日数件訪問する際には、前のご利用者宅でのケアや交通事情等でどうしても間に合いそうにない場合もあります。そのような場合、できるだけ早い段階で電話で連絡をします。

ご利用者やご家族に看護内容や健康状態を明確に伝える

「今日の血圧は○×ですので、前回訪問したときよりも少し落ち着いてますね。」など、健康内容をその場で明確に伝えて、理解してもらいます。また、現在の健康状態について、ご利用者やご家族に工夫できること、改善できるなどを、訪問看護シートをもとに報告をおこないます。「次回は○月×日です。」と次回の訪問予定を伝えて帰ります。

看護計画はご本人、ご家族とともに相談して決める

看護師、ご利用者、ご家族の三社が同じ目標を持てるように、月に1回、その月に行った看護サービスの振り返りと翌月にどのような部分の看護を行うかを三者で話し合います。この際、看護師から見たリスクをわかりやすく伝えることが大切です。

 
Copyright (C) 2015 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.