ナースの資格を活かして地域医療に貢献!

訪問看護師の平均年収は400〜500万円です

病院と比較してみましょう

自分のやりたい看護の方向性、勤務スタイル(土日休み・基本的に日勤のみ)などを理由に訪問看護ステーションのお仕事に興味のある方は大勢いらっしゃいます。

当然、病院・クリニックの勤務と比較した場合の年収も気になるところだと思います。訪問看護師の給料・給与体系は勤務する事業所によって、歩合制(回数制)と一般の病院勤務と同じ年俸制の2つに分けられます。まれに基本給プラス歩合制といった折衷的な体系を採用している事業所もあります。

歩合制の場合は、訪問看護の回数に比例して、お給料が高くなります。当然、訪問回数が少ない場合も、その分が減額という形で反映されます。

年収は、事業所のある地域によって差はあるものの、求人検索サイトや看護師専門の人材紹介会社のサイトで求人を見てみると、だいたい400〜500万の範囲となっています。基本的に病棟勤務とでは給料の差はないと思われますが、以下の3つの理由により見かけ上安く見えることがあるかもしれません。

夜勤手当がない

病棟勤務の看護師にとって夜勤はつきものですが、看護師の給料のかなり部分を夜勤手当が占めているケースもあるので、原則的に夜勤がない訪問看護のお仕事では給料が安く思えることがあるかもしれません。

非常勤看護師の比率が高い

このお仕事に従事している看護師のおよそ半数は、非常勤(パート)として働いています。結婚や出産、育児、ご自身の両親の介護などの理由によって常勤として働くことができない場合に、訪問看護のお仕事を選択する人が少なくないためです。社会保険などの補償が厚く、賞与(ボーナス)がキチンとでる常勤と違い、非常勤の場合はこれらの金額が少なくなります。

病棟勤務のスキルが給料に反映されない場合がある

近年はセコム訪問看護ステーションに代表されるような大企業、あるいは大病院併設型の事業所も増えていますが、訪問看護サービスを提供している多くの事業所は中小法人です。

大病院に勤めていた看護師が、訪問看護の分野に転職した場合、新しい事業所が病院時代の経験・スキルをどの程度評価し、それを給料に反映させるかはまちまちの状態です。

これまでの経験・スキルを100%評価してくれ、それまでと同じ給与水準になるケースもあれば、全てリセットされ新卒と同程度の給与水準になるケースもあります。そのため「訪問看護手当」などの手当てを設けている事業所もあります。

 
Copyright (C) 2015 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.