ナースの資格を活かして地域医療に貢献!

規模の大きいステーションでは独自の研修システムを構築しています

OJTに関してはどの事業所も似ています

新卒で訪問看護の分野で働く方は少ない現在、訪問看護ステーションで働く看護師のほとんどは病院やクリニックから転職された方です。

お仕事の内容が大きく変わるので、転職の際には、やはり教育・研修がどのように行われているかが気になるかと思います。未経験だから一律の教育・研修が行われるわけではなく、それまでの病棟勤務の年数、所属していた診療科によって、経験は異なるため、その辺を考慮した上で個々にあったプログラムが用意されます。

ただし、OJT(実際の仕事を通じた教育訓練)に関しては、ステーションの規模や方針に関係なく、似たような方法をとっています。

最初は、利用者の疾患やケア内容などの情報を把握してから、先輩看護師に同行する形で、利用者宅を訪問します。そして、挨拶から日常会話、相談の応じ方など先輩のコミュニケーションの取り方を勉強したり、ケアに必要な物品の準備・片付け、利用者に変化が見られたときの対応方法など、病棟勤務と違う点を理解するようにします。

一通り理解できるようになったら、次のステップに進みます。利用者宅を先輩と同行する点は同じですが、今度は新人自身が中心となって、利用者・家族とコミュニケーションを取り、必要なケアを行います。

「病状は前回に比べてどうなのか」、「生活に影響のある出来事はなかったか」など利用者に関する情報を会話や観察から得ることになりますが、こちらが聞きたい情報を一方的に聞くことなく、自然な会話の中から得られるようになるにはそれなりの時間と訓練が必要になります。先輩のフォローもありますので、ちょっとした失敗で落ち込む必要ありません。しっかりと見て、学び、次の訪問時に経験を活かせるようにできれば合格です。

この同行訪問でしっかりと基本ができあがったならば、いよいよ一人で訪問することになります。訪問前は、持参する物品を選んで用意するだけでなく、前回の訪問から変化していると予測されること、緊急時の連絡相手・連絡先なども把握しておきます。同行訪問では見られなかったハプニングが起きることも考えられますので、過去の事例などを先輩や管理者から確認しておくことも大切です。

訪問看護の場合、利用者の生活状況や求められるケアの内容が異なってきますので、まずはご自身が担当する利用者の訪問に慣れることが大切です。また、主治医やケアマネージャーなどの関係者との繋がりを作っていくことも求められます。

規模の大きいステーションでは、独自の研修システムを構築しているところがあります。例えば、ある大手訪問看護ステーションでは、最初にそれまでの病棟勤務の経験から、必要とされる(必要としない)看護技術の項目をチェックリストで確認したうえで、約1年間にわたって毎月複数回、数箇所のステーションに集まって必要な技術や知識を習得していきます。

最初の半年は、「看取りのケア」、「在宅リハビリテーション」など実践で活用できる技術のほか、「訪問看護師の役割」、「ケアマネジメント」、「社会保障制度」、「診療報酬と介護報酬」などの概論を勉強します。

残りの半年は、1〜2カ月おきの集合研修で、事例を通じて自らの看護に欠けている点などを確認し、どう改善すればよいのかなどを参加者全員で議論していきます。この新人研修は同時に、別のステーションで働く新人同士の交流の場でもあり、同じような体験や悩みを共有する機会にもなっています。

小規模のステーションで自前の研修プログラムがさほど充実していない場合、都道府県の看護協会や日本訪問看護振興財団、全国訪問看護事業協会などが行っている研修に参加するとよいでしょう。

 
Copyright (C) 2011 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.