ナースの資格を活かして地域医療に貢献!

訪問看護ステーションならではのやりがいがあります

病院では医師の指示と時間に追われながら複数の患者を担当するため、患者一人ひとりにのニーズをあった看護を提供するのは難しいのが現状です。また、一般病棟の入院基本料が低く設定されたため、採算割れを気にする病院側が、患者の病状が完全に安定しない段階で、半ば強制的に退院させた結果、後日体調を崩して再び入院してくるなど、仕事に虚しさを感じている方も少なくないでしょう。

その点、訪問看護師の仕事は、利用者とその家族とじっくり相談したうえで看護方法や方針を決定し、個別性のある看護サービスを提供することができます。病棟勤務時代は「検査データを数字を頼りに疾病ばかりみていたけど、人をみることができるようになった」という方もいらっしゃいます。

利用者と1対1で接する機会が多く、長期間にわたって人間関係を築いてゆくので、家族の一員として見てくれることもしばしば。利用者や家族から「あなたが来てくれる日をいつも楽しみにしてるよ〜」と言われるのが一番嬉しい瞬間だとか。

医師は同行しませんので、利用者の症状や状況を一番把握しているのは、直接自宅を訪問してケアを行っている訪問看護師の自分であるという思いがあります。そのため、仕事へのモチベーションも常に高い状態をキープすることができます。指示待ちではなく積極的に行動する必要があり、責任感も大きいですが、病院での勤務より大きな裁量権が与えられていますので、その分やりがいも大きいです。

在宅看護の場合、利用者の処置以外にも、各種サービスのマネージメントや調整、判断力や決断力、コミュニケーション能力が求められます。そのため、仕事の経験を積んでいくなかで、総合的な力が養われ、自己の向上にも繋がります。

医師の指示待ちではなく、自分が判断してどう処置するかを求められることが多いため、周りの同僚も常にスキル等の自己研鑽を行っており、それもいい刺激になります。

 
Copyright (C) 2015 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.