地域医療に貢献!訪問看護師の仕事内容

無理のない勤務でワークライフバランスが実現できる訪問看護師

夜勤がないのが特徴

以下は訪問看護ステーションにおけるお仕事の1日の流れをまとめたものです。事業所の規模などによって多少の差はあるものの、だいたいのイメージはつかめるのはと思います。

なお、各県の訪問看護ステーション協議会やこの分野に力を入れている病院等では、訪問看護や在宅療養の場を実際に体験して、病院看護との違いを理解できる「訪問看護ステーション1日体験研修」を開催しています。

訪問看護のお仕事に興味のある方はもちろん、そうでない方にも「在宅と病院の連携の重要性を再認識できた。今までの退院指導の見直しの必要性を感じた。」と好評です。

8:30〜朝のミーティング
新しい利用者様の紹介、前日の待機看護師からの報告等を行ったうえで、1日のスケジュールの確認を行います。

8:50〜訪問準備
器具(血圧計・聴診器・体温計・爪きり等)や清潔物品(感染予防のためのエプロン、ペーパータオル、手指消毒用アルコール等)を準備します。清潔感のある身だしなみを整えるのも忘れずに!

9:00〜訪問開始
事業所を出発し、軽自動車もしくは電動自転車でご利用者のお宅を訪問します。 まずは、血圧、体温測定などのバイタルチェックを行ないます。ご利用者の体調をアセスメントし、処置・指導を行ないます。必要に応じて、ご家族の相談を受けたり、指導も行います。訪問1件につき60分ケアが基本です。

12:15〜昼休み
午前の訪問を終えて、昼食休憩のため一旦ステーションに戻ります。

13:00〜午後の訪問開始
午後からの訪問に出発です。

16:30〜看護記録の作成・管理者への報告会
ステーションに戻り、所定の記録用紙にその日の看護内容を記録し、管理者、他のスタッフへの申し送りを行います。また、使用した物品を消毒、整理します。

17:00〜退社(随時)

訪問看護師は基本的に夜勤はありませんが、緊急電話当番がある施設もあります

巡回訪問を導入している施設もあります

夜勤がある病棟勤務と異なり、訪問看護ステーションにおけるお仕事は基本的に日勤のみですので、育児中の方、年齢的にも体力的にも夜勤はきついという方には、働きやすい環境にあるといえます。

ただし、24時間体制を導入しているステーションでは、夜間・休日の緊急時に対応する電話当番を設けていることがあります。こう聞くと「夜勤と同じで、大変そう」と思われがちですが、電話当番はステーションに出向いて待機(宿直)するのものではありません。

専用の携帯電話を持ち、利用者からの緊急の電話が掛かってきた際に、応対したり、場合によっては訪問したりするものです。多くは、「手技が分からないから教えて欲しい」とか、「このままでいいのか不安なので…」と指導や確認を求めるものなので、電話の応対だけで済みます。

不安を抱えている人には、夕方に電話したり、訪問したりすると、安心して夜を過ごすことができて、利用者本人やその家族が緊急電話をかけてくることは少なくなります。

最近は、安心して在宅生活を送ってもらえることを目的に、夜勤制度を導入しているステーションも若干あります。これは当番看護師が、夜間に出勤し、巡回訪問や緊急電話の対応を行うというものです。国の政策として入院日数を短縮化した結果、在宅生活をする重度の利用者が増えつつあるため、今後、このスタイルが定着するかもしれません。

 
Copyright (C) 2015 訪問看護ステーションの求人募集ガイド All Rights Reserved.